【2020 京都新聞杯 GⅡ】予想

Pocket

2020年京都新聞杯の予想をしていきます

京都新聞杯的中するための馬券分析

 

今年も、ダービーが近づいてきましたね

ダービーの切符をつかむ馬はどの馬なのか、クラシックに参戦するためには重要な一戦となるのが「京都新聞杯」です

去年はレッドジャニアルに本命を打ち、サトノソロモンとのワイドをいただきました

今年もしっかりと予想をしていきたいと思います

 

出走メンバー

 

それでは、出走馬を確認していきましょう

1枠1番   メイショウダジン  幸騎手
2枠2番   アンセッドヴァウ  藤岡佑騎手
3枠3番   シルヴェリオ    西村騎手
4枠4番   キッズアガチャー  高倉騎手
4枠5番   ホウオウエクレール 川須騎手
5枠6番   ディープボンド   和田騎手
5枠7番   キングオブドラゴン 坂井騎手
6枠8番   アドマイヤビルゴ  藤岡康騎手
6枠9番   イロゴトシ     小崎騎手
7枠10番   ファルコニア    川田騎手
7枠11番   マンオブスピリット 北村友騎手
8枠12番   サペラヴィ     秋山騎手
8枠13番   プレシオーソ    北村宏騎手

 

断然の一番人気は「6億の高級馬」アドマイヤビルゴでしょう
おそらく、この馬はだれが乗ってもこのメンバーの中では馬券内は固いと思います

 

そのほかにも、重賞出走経験のある「ファルコニア」や「ディープボンド」なども
出走しており、そこそこのメンバーがそろったなという印象です

 

レース展望

 

今回のメンバーでハナを主張しそうなのが、「アンセッドヴァウ・ホウオウエクレール・プレシオーソ」あたりでしょうか
そんなに先行争いが激しくなりそうには思えないのが正直な感想です

 

また、差し馬達の上りの脚は、アドマイヤビルゴが抜けて良い足を持っており、
差しと言っても好位差しのイメージなので、先行で引っ張る3頭を見ながら先団やや後ろで、
アドマイヤビルゴ・ディープボンド・シルヴェリオあたりが見るような形になるのではないかと思っています

 

ただ、先行の馬達も上りの脚もそこそこ使えますので、もしかすると前が残って粘る可能性もあるかなと思います
(毎回重賞で言ってる気がする)

 

しかも、メンバー自体がレベルがそんなに高くないので、荒れる可能性があるとするなら、ダートから芝変更の馬が激走
して荒れると思います

 

馬券のねらい目

 

馬券のねらい目ですが、アドマイヤビルゴで鉄板な気がしますが、
藤岡兄弟と言えば、吉田兄弟と同じで後方一気が大好きなイメージがあり、
アドマイヤビルゴの脚は光るものがあるので、まさかここで「必殺後方一気」が出るのではないかと少々不安になっております

 

という事で、今回本命にしたいのが【シルヴェリオ】です

 

京都新聞杯は、一着にダービー優先出走権が与えられるので、陣営の狙いとしてはダービー出走 or 今後の試金石レースのどちらかの目的になると思っています

 

つまり、何が言いたいかというと一着の取れそうにない馬は無理させて入線しに来ないのではないかという事

そこで、期待されている馬をピックアップして本命にしました

また、展開も先行が有利に働きそうですし、上りも良い【シルヴェリオ】を本命とさせて頂きました

対抗 アドマイヤビルゴ にしておきます

穴 サペラヴィ キングオブドラゴン ファルコニア キッズアガチャー 【余裕があれば ホウオウエクレール ディープボンド 】

本命・対抗で2頭軸3連複で穴に流してもMax6点

個人的にはフォーメーション組むのでアドマイヤビルゴがもし飛ぶようなことがあれば激熱ですね

最終的な印に関しては、下記の最強ブログの重賞予想で午前中までに乗せておきますので宜しければご覧ください


最強競馬ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です