競馬予想記事 マリーンカップGⅢ予想

Pocket


こんにちは🐎
競馬の記事を書かないつもりでしたが、重賞のみ【地方・中央】問わず記事にしていこうと思いました。

では、マリーンカップの予想に入っていきたいと思います。

過去の成績を見てみましょう。
2019年 ラーゴブルー    地方馬【川崎】
2018年 アンジュデジール  中央馬
2017年 ホワイトフーガ   中央馬
2016年 ヴィータアレグリア 中央馬
2015年 サンビスタ     中央馬  と過去5年の一着馬はこんな感じです。

2着・3着も中央馬で決まることが多く硬いイメージのあるレースですね。
ただ、2017年・2016年は2・3着に地方馬が絡むレースとなっていました。

ここで、ポイント🐎 1~5着馬まで、1~5番人気で収まることが多い結果となっています。
なので、大穴狙いでというレースではないのが「マリーンC」ですね。

ただ、地方は‥‥ですから何があるかわかりませんから、穴馬も入れることも良いかもしれません。特に最近は。


人気出走馬


JRA出走馬

3枠4番  スマートフルーレ 牝4  武騎手【JRA】
6枠9番  メモリーコウ   牝5  的場騎手【地方】
6枠10番  ラインカリーナ  牝4  武藤騎手【JRA】
8枠13番  パッシングスルー 牝4  内田騎手【JRA】

ですね。 
メンバー的にどの馬が来てもおかしくない感じがしますね。
ここで、見落とせないのが元中央の地方馬です。

2枠2番  ラビットラン   牝6  森騎手【地方】
7枠12番  サルサディオーネ 牝6  矢野騎手【地方】

基本的に前が有利な地方の舞台ですが、今回のメンバーを見ると絶対に前に行く馬がいませんね。
おそらくですが、展開的にラインカリーナ・サルサディオーネとその他地方馬が先行に行きそうです。

中央の騎手に比べ地方騎手は本当に前に行くことしか考えていなので、レースを崩さないようにしてほしいですね。

では、予想と見解に入りますが、今年のメンバーとしては人気馬の中で小荒れがありそうな気がします。
私は、出走馬を見た瞬間、パッシングスルーに◎を打つ予定だったのですが、まさかの「内田騎手」…。

私、相性が悪いですしあまり好感のもてない騎手なので…残念です。
では、

ここで私の本命馬を下記のブログサイトの私の紹介文に載せております。
お手数ではございますが宜しければご覧ください。


最強競馬ブログランキングへ ◎ 軸馬

 対抗は、パッシングスルーにしたいと思います。
 単穴として、サルサディオーネを狙います。
 穴馬として、上記の馬と地方馬のアークヴィグラスを入れていきたいと思います。

おそらく、ラインカリーナとサルサディオーネが先行争いを行うと思います。
斤量が増えるラインカリーナは最後の直線前にきつくなるのではないかと予想
【ラインカリーナが地方重賞で馬券内に絡んでいるのは斤量が軽い場合のみなので】

そこに後続各馬が差し込んでくるという形になりそう。

差し脚から考えれば、浮上してくるのが「ラビットラン」「スマートフルーレ」「パッシングスルー」あたり
それに逃げ粘るサルサディオーネ。

今年のマリーンカップは3~4万の馬券が生まれそうな予感がします!!

PR ミリオンの無料予想が熱い!?メール一本で無料登録できます!この機会に激熱情報を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です