【注目するべきはこの馬】菊花賞予想2020

Pocket

菊花賞予想




 

いつもご覧頂き誠にありがとうございます。

ついにクラシック3冠最後の「菊花賞」の季節がやってまいりました。

コントレイルが一強に選ばれている中、どのように馬券を組み立てていくかがポイントになると思います。

出走馬の枠順

菊花賞は如何に3000mへの適性があるかが問われるレースです。
コントレイルは明らかに長いとコメントがある中で、2枠3番を引けたのは、ロスなく立ち回ることができると考えます。

しかし、内馬場があれている京都競馬場で内を回りつつ、最後は伸びてこれるのか?というところはかなり疑問に残ります。

騎手としては、、如何に前半レースに参加させないかがポイントであるといっておりましたが、果たしてどうなるのでしょうか?

菊花賞注目馬




ではコントレイル以外の注目馬を見ていきたいと思います。

  • ディアマンミノル
  • サトノインプレッサ
  • ヴェルトライゼンデ
  • ディープボンド
  • ロバートソンキー
  • ヴァルコス

の6頭です。

特に、ディープボンド・ロバートソンキーは注目しております。

ディープボンドは、コントレイルのラビットとして前走・前々走と走っておりましたが、その中でも5着と健闘しており、距離が延びるレースに関してはスタミナもありそうですし、着順を上げてきてもおかしくはないと思っております。

次に、ロバートソンキーですが、当馬は前走エンデュミオンとのワイドを購入しており外してしまいいましたが、コントレイルの後ろを追走して、コントレイルについていったことを考えると能力はかなり高いものかと考えます。

左周りが~とかいう意見で人気を落とすのであれば買いだと思います。

最終的な印に関しては、下記のブログランキングの方に記入させていただきますので、
宜しければご覧ください。また、富士Sの軸馬穴馬も載せます。

富士Sの軸馬・穴載せてます

最強競馬ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です