新コロナウィルスによる経済の影響で現金給付はあるのか

Pocket


現在、コロナウィルスの影響で世の中が厳しい状況になってきてますね。
私は仕事で外回りをすることが多いのですが、現在はその外回りも自粛で自宅待機も出ている状況です。
また、飲食業の方々などは特に営業も厳しいと思われます

そんな中で政府から一時給付金の案が出ておりますが一体どうなるのでしょうか。

現金給付、20万円で調整中


政府は、所得急減した世帯にのみ「自己申告制」で20万円の給付を行う予定になるとの発表がありました。
また、自己申告制には所得が急減したとの証明を提出しないといけないそうです。

期待していた通りですね。

では、急減の基準はどこが基準なのか?1万だって減ると苦しい人だっているのではないでしょうか?
政府の決める所得の急減とは、かなりの上から目線で判断していると私は感じました。

例えば、15万ほどの収入しかない営業の方がいたとして、コロナの影響で営業に出る事の出来ない事態が続くと営業の手当てもなくなり所得は減ります。それが15万から12万に減ったとしたら大打撃でしょう。

政府の方針は本当に国民一人一人のことを考えているのでしょうかね。

マスクを2枚支給するという案も、外出を自粛させておいてマスクを支給って意味わかりませんよね。
朝日新聞からは、布マスクでは意味がないとの記事もありましよね。
このような、危機的状況になった時、日本のトップに立つ政治家の方々の真価が問われると思うのですが、もうがっかりですね。これで世界に誇れる先進国とか恥ずかしい限りです。

ちなみに、私も正直所得がかなり減ります。ただ、サラリーマンなので現金給付の対象になるかはわかりませんが、貰えたらラッキーという気持ちでいるしかありませんね。とても今の政府に期待していると疲れそうです。それよりも、いかにコロナにかからない様にするか・うまく他に稼ぐことはできないかを考えるしかないと思います。

前の記事などにコロナ対策の一環として外出自粛に備えてという記事を書いております。宜しければそちらにも買い込みなどの対策を記事にしておりますので宜しければご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です