大企業営業マンが教える 営業が楽しくなるためのコツ

Pocket



営業って難しい…相手先の方と話すのが苦手….もう営業やりたくない など悩んでいないですか??
そんな、営業を不得意とする方へ「営業が楽しくなるコツ」をお話できればと思います



営業が嫌になる3つの要因



営業が嫌になる方にとって、3つの要因としてこのようなものがあるのではないでしょうか?

・相手方と話すのが緊張する
・何を話して良いのかが分からない
・失礼なことがあったら怒られるのではないか


実際に私も新人の頃、初めて営業先に出た際、相手と何を話したらよいかわからない・怒られるかなぁなど思った時に、足が鈍くなることがありました



やっぱり、社会人にもなって「怒られることは恥ずかしい」と思ったりもしますよね
これは仕方のないことだと思います


しかも、ぼろくそに怒られでもしたら「トラウマ」になって嫌になるのは当然です


ただ、ここで嫌になってしまい逃げてしまっていては、「営業の楽しさ」に気が付くことが出来ずに損をしてしまうと私は思います


現在、子供のなりたい職業で「サラリーマン」が「YouTuber」にも負けているのは、「仕事が楽しくなさそうにみえている」からではないでしょうか


日本を支えているのはサラリーマンの頑張りもあるんだぞ!!という事も将来子供に伝えたいですね!
では、「営業を楽しく行うため」にはどうすればよいのか考えていきましょう


営業を楽しくするための3つのマインド



営業が楽しい!と感じる瞬間は、

・相手方から褒められる
・契約が上手くいく
・仲間が認めてくれる   などなど


結果として、営業成績にも繋がると更に営業が楽しくなりますよね!


では、営業を楽しくするためのマインドはどのようなものなのでしょうか


1 相手方が何が好きなのか・なにを求めているのかを考える
2 相手の趣味など自分との共通点を見つける努力をする
3 怒られるのは最大のチャンスだと捉える



この3つのマインドを持つだけで、営業に対する考え方が変わり楽しくなります


相手が何が好きか考える事は「相手を喜ばせる」ことへ繋がります
さらに「共通の趣味」が見つける事が出来れば話も弾みますし、今度は営業にいくついでにこれを話そうなど営業に「あなたという付加価値」をつける事が出来るのです


つまり「相手を探る・考える」ことと「共通の趣味」を見つけることは表裏一体で、先ずは営業に行く際に「どんな方だろう?」「この年代ならこれ好きかな?」「この大学ならこの県出身かな?」など「相手方に興味を持つ」となおさらうまくいくと思います


そして「怒られるのは最大のチャンス」これが最も重要なマインドです


怒られることはあなた一人の責任ではありません
会社員として怒られているので、「会社の責任」でもあるのです

しかし、ここで舞い降りてくるチャンスは違います
「あなた一人だけのもの」なります

怒られるという事は、
「挽回した分だけ返りが大きい」「個人を認識させることができる」この二つのチャンスがあります


この二つは、「あなた個人に付く付加価値」なのです


「営業は楽しくない」そう思われている方は、是非このブログを読んだ後、マインドを入れ替えて営業に臨んでください!!

日本の未来をサラリーマンも一緒に支えていきましょう!!

http://myeverylifeblog.com/%e5%a4%a7%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ab%e5%8b%a4%e3%82%81%e3%82%8b%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%af%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です