大企業に勤めるメリットはあるのか

Pocket


「大企業」と聞くと「とても給料が高い」「クリーンなイメージ」「ブランド力がある」などかなり良いイメージがある人が多いかと思います


今回は、大企業と言われている会社に勤めているサラリーマンDが、情報発信をしていきたいと思います

大企業に勤めるメリットデメリット


先ず、大企業に勤めると以下のメリットがあります

・給料が良い
・福利厚生が良い
・ブランド力
(ローンが通りやすい・モテる?!)


といったところでしょうか

給料が良いのか?

正直、いやらしい話 給料は良いです
大企業であれば、初任給から手取りで20万は超えてくるのではないでしょうか


また、営業に出るとこれに色々と手当てがつきますので、また給料が増えますし、プラスで歩合の会社であれば、更にUPという事もありますので、給料面はかなり期待して良いと思います

もちろんその分仕事を行わなければなりません
楽に給料がもらえる会社=大手企業ではありません

福利厚生が良い??


福利厚生面をお伝えしていきます
福利厚生も結論から言うと「めちゃくちゃ良い」と思います


私は賃貸に住んでおり会社名義で契約を行っております
住宅費は大手企業であれば、会社が8~9割負担してくれるのではないでしょうか


実際に私も8割負担してもらっており、2LDKに住んでおりますが、月2万程度の負担で住めております
ここら辺は大企業の強みではないでしょうか


そのほかにも、年間で決まった額を旅行代や宿泊やレジャーに使用できたり、他にもいろいろと福利厚生があり、
中小企業よりかなり福利厚生が良いと私は思います

ブランド力があるということ


大企業【東証一部上場】というブランドは力があるのか?

あります

そもそも、ブランド力は何の役に立つのか?
それは、ローンを組む際にかなりの金額まで組めたり、社会的な信用が大企業に勤めているだけで得る事が出来ます

また、「合コン」などで有利に働くかもしれません 笑

大学生と違い社会人女性は、結婚後の安定を求めますから、もしかすると大企業に勤めていることはそのような場にとっても有利に働くかもしれません*あくまでも可能性の話です


ただ、大企業に勤めているからっていいことばかりではありません!!!

デメリットも存在します

仕事を行う際に、色々な上の許可が必要になりますし、色々と仕事の制限はあると思います
また、全国転勤にもなる可能性もありますし、地元志向の強い方にはオススメはできませんね


その他にも、残業代を付けれなかったり、激務と言われている大手もあります
その対価として給料は多くもらえているはずですが、仕事に関してはメンタル的にきつくなる場合もあるかもしれません


しかも、大手は人数をとりますので、将来首切りや出向の可能性もゼロではありません


その点は、常に頑張り続けなければならないのはデメリットと感じる方もいるかもしれません


まとめますと基本的には大手につと得る事に越したことはありませんが、現状に甘んじてしまうと成長が止まってしまい、将来が見えなくなることもあるので、結局はどこに勤めたとしても自分次第です!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です